インポテンツと遺伝は関係ないの?

男性であれば気になるのが、勃起不全であるインポテンツは男親から遺伝するものなのかと言うことです。
結論から言うと、インポテンツそのものが遺伝すると言うことはありません。
自分の父親と勃起についてのことを話すと言う人は、あまり多くないと思われますが、仮に父親がインポテンツであっても子供である自分にそれが遺伝されると言うことはないので安心して下さい。
ただし気をつけたいのは、体質としてインポテンツになりやすい体質と言うものは遺伝される可能性があると言うことです。
インポテンツが発症する原因には、心因性のものと器質性のものが挙げられます。
心因性とは、性的な事柄に対する意識の持ち方、あるいは日々のストレスや悩み事が原因になっている場合です。
これは遺伝との関係は薄いですが、ただ物事に対する考え方やストレスとの付き合い方などは、ある程度、親の影響を受けるものだとは言えます。
そして遺伝との関係が深くあるのが、器質性です。
この器質性には、たとえば糖尿病や高血圧と言った疾病による神経系や血管の状態、機能が低下することが挙げられます。
糖尿病や高血圧は生活習慣病です。ですから第一には、自分で生活習慣に配慮することが重要となります。
しかしこの中でも高血圧に関しては、片親、もしくは両親が高血圧である子供は、そうでない子供に比べると高血圧になる素因を持つ確率が高くなることが明らかにされています。
そして高血圧は合併症として糖尿病、更には糖尿病と同じようにインポテンツの器質性原因のひとつである血管にダメージを与え、血流を滞らせる動脈硬化を引き起こすこともあります。
ですから、父親や母親、あるいはそのどちらもが高血圧であると言う人は、そうでない人に比べるとインポテンツになりやすい体質を遺伝として持っていると言うことになります。

生涯現役は可能?インポテンツにならずに年をとれ!

AV男優の中には80歳を超えても現役で活躍している方がいます。
勃起力は加齢により減退していきますが、皆が同じスピードで減退するわけではありません。
若くして急激に減退する方もいれば、年齢に比例して緩やかに減退していく方もいます。
後者に関しては年齢的な問題なので、食い止めることはできませんが、前者は生活改善などによりスピードを抑えることができます。
規則正しい生活を送っていれば、50代以降でも現役で活躍できるのです。
30代~40代でインポテンツに悩んでいる方は、生活が乱れていることが多いです。
そのため、インポテンツを発症している方は、生活習慣病も併発していることが多いのです。
特に肥満は勃起力を減退させやすいので注意が必要です。
体脂肪を大量に蓄えていると、血中脂質も多い状態となります。
血液の粘度が高くなると、スムーズに流れることができません。
すると性的興奮を覚えたとき、即座にペニスを硬くできない、もしくは硬さが不十分になってしまうのです。
人間の身体は不健康な状態を記憶するものです。
喫煙を例にしても、長年喫煙をしていた方が50歳になってから禁煙するより、最初から喫煙しなかった人のほうが健康体を維持できます。
中高年になってから生活習慣を整えるよりも、若いころから生活に気を配っていたほうが将来のインポテンツの発症率は低くなります。
インポテンツは突発的に発症することは滅多にありません。
あるとすれば、女性からペニスのコンプレックスを指摘されたときくらいでしょう。
インポテンツは少しずつ進行し、勃起時の硬さや角度を減退させていきます。
ペニスの衰えを実感したら、すぐに対策を始めることです。
生活改善をしなければ、症状は進行するだけです。

もしもなってしまったら…インポテンツは薬で治る!

インポテンツとは勃起不全を意味する言葉です。また症状に対する理解を共通化するために、満足な性交渉を行うのが難しいくらいの勃起障害と解釈されることもあります。
これが発症する原因は様々あります。まずは心因性のもので、これはたとえば性的事象に対して嫌悪感があったり、プレッシャーがあったりすることが挙げられます。
また過度なストレス、深刻な悩みなどによって性的刺激を感じにくくなっている場合もこれに該当します。
それから器質性のものです。
これは、勃起がじゅうぶんに実現されるために必要な神経系や血管の状態に問題がある場合に該当します。
ケガや病気などによってその機能や状態が低下している場合、また明らかなケガや病気がなくても生活習慣の乱れなどによってその機能や状態が低下している場合などです。
インポテンツは、男性にとってはとても深刻な問題です。
また女性の方にとっても、特にパートナーとの間に子供を授かりたいと考えている方にとっては、とても深刻な、そして自分の力ではどうしようもない側面も含んでいるため辛い問題です。
ただしインポテンツは、先述したようなそれを引き起こしている原因さえ特定することができれば、それに応じた治療を受けること、そして改善をはかることが可能な状態です。
インポテンツの治療薬にはザイデナのような薬がありますが、心因性の場合はこのような薬による治療よりも、インポテンツを阻害している心理的要因を軽減することに重きが置かれます。ですから薬による治療が実施されるのは、器質性のインポテンツに対して行われる事が多々あり、ザイデナも器質性のインポテンツに有効とされています。
ただしケガや病気の治療で薬を飲んでいると言う場合は、その薬の作用とインポテンツを改善するための薬との飲み合わせが重視されます。
そして場合によっては、インポテンツを改善するための治療薬は飲むことができなくなると言うこともあり得ます。
薬でインポテンツを治すことは可能ですが、その際には必ず、主治医に相談することが求められると言うわけです。

■ED治療薬は通販がお手軽です
シアリス 通販
タダシップを安く買いましょう