インポテンツの治療薬リビトラを粉砕して服用

インポテンツの治療薬リビトラは水に溶けやすい性質を持っているので、効き始めるまでの時間が短いのでセックスまでの時間があまり無いときなどに服用すると効果的で、食事をした場合にはセックスの1時間前までに服用しますが、空腹時は20分程度で作用するので、基本的には空腹時の服用がよいとされています。またアルコールに関しては適用ならばリラックス効果があるので症状効果があるとされていますが、リビトラには顔のほてりなどの副作用が9割以上の割合で出るので、気になる場合にはアルコールの摂取を控えなければなりません。インポテンツの原因は心因性のものや外傷性のもの、先天性のものがありますが、リビトラが効果を発揮するのは心因性のものなので、インポテンツの状態によっては全く効果がでない場合もあります。また服用するときに使用量を調節するために20ミリ錠の薬を粉砕して1服用することもありますが、粉砕してしまうと計量するのが難しくなるので、ピルカッターなどを用いて正確に割ると使用量が把握しやすくなります。薬を粉砕する場合には計量することができる環境を整えてから行うことが重要で、粉状になった薬の量を把握できなければ正確な使用量を保つことができません。インポテンツはEDとは違って、外傷性や病気によるものが含まれていますが、これらは手術や適切な治療によって勃起できる状態にすることが必要になるので、専門医を受診しなければなりません。EDの場合は勃起はできますが、それを維持することができないので、正常なセックスをするのが難しく、性欲も低下するのでパートナーとのスキンシップが難しくなります。EDは勃起改善薬を服用するだけで正常なセックスが出来るようになります。